手締めニードル プッシュ式インフレーターの使用方法

手締めニードルは、風船止め具(ワンタッチバルブ等)や、風船口をニードルに直に差しこみ手回しハンドルで自由にヘリウム量を調整でき、開け閉めがとても簡単で誰でもゴム風船(シェイプバルーン)をスムーズに膨らますことができます。

@ヘリウムウムガスボンベの口金は左ネジです。口金にニードルを画像のように合わせ画像のように、手回しで(反時計周り)きつく締めてください。
※注意:スパナ等の工具で絶対に締め付けないでください。破損の原因になります。 

Aヘリウムガスを出すときは、@で取付けたニードルのバルブが閉まっていること確認し、ボンベバルブを開けて(時計回り反対左方向)ください。また、ボンベバルブを開けた際、ボンベ口金とニードルの接続部から漏れのない事を確認し、ニードルのバルブ開閉によりご使用下さい。
※1.使用後は、必ずボンベバルブを閉め手締めニードルのハンドルを開けて、ニードル内に残っているガスを抜き、再度締め付け後ご返却ください。
※2.ヘリウムボンベ、500L(ダルマ)、1500L、2000L、3000Lは、ニードルを取り付けたままご返却下さい。 

ワンプッシュ式インフレーターは、風船止め具(ワンタッチバルブ等)や、風船口を直に差しこみ下方向に「ワンプッシュ」するだけで、手締めニードルの「2倍」の速さで誰にでも簡単に風船を膨らますことができます。

完成画像:先端ノズル部が回転しますので、好みの角度で使用できます。

@ヘリウムガスボンベ接続口と、プッシュ式インフレーターを画像のように、手回しで(反時計回り)きつく締めてください。
※注意:スパナ等の工具で絶対に締め付けないでください破損の原因になります。 

A風船、バルーンの注入は、風船口や風船口閉具(ワンタッチバルブ等)をプッシュ式インフレーターのノズルに差込み、下方向に押し下げますとヘリウムガスがでます。止める時は押し下げの力を抜き上方向に戻してください。 

※1.ヘリウムボンベ返却の際は、必ずボンベバルブを閉め、プッシュ式インフレーターのノズルを下方向に押し下げ、ニードル内に残っているガスを抜き、再度締め付け後ご返却ください。
※2.ヘリウムボンベ、500L(ダルマ)、1500L、2000L、3000Lは、ニードルを取り付けたままご返却下さい。