ヘリウム缶「バルーンタイム」 延長ノズルの取り扱いついて

ヘリウム缶「バルーンタイム」に取り付けてある風船注入口は、注入ノズルが短くフォイルバルーンやゴム風船にヘリウムの注入がしずらい為、当社販売商品のみ「延長ノズル」を添付させていただいております。取り付け方法に従って簡単に注入作業を行ってください。
標準ノズルの場合、フォイルバルーンの自動弁までノズルが入りずらく、自動弁を壊しやすくガス漏れを起こすことを回避したのが当社の「延長ノズル」です。

【1】延長ノズルの取付け方は、添付の延長ノズルを標準ノズル(黒い部分)に差し込みます。

【2】延長ノズルを標準ノズル(黒い部分)に、必ず約1cmほど差し込んでください。
差し込みが浅いと、封入の際に延長ノズルが抜けることがありますのでご注意ください。

【3】フォイルバルーンを膨らます場合は、フォイルバルーンの自動弁差込口に延長ノズルを差し込みます。
標準ノズルの場合、フォイルバルーンの自動弁までノズルが入りずらく、自動弁を壊しやすくガス漏れを起こすことを回避したのが当社の「延長ノズル」です。

【4】フォイルバルーンを標準ノズル手元まで差込み、標準ノズルを上下左右に折り曲げるとヘリウムガスがでます。手をはなすとヘリウムガスは止まりますので、誰にでも簡単に膨らませます。